宇治市で理想の注文住宅を建てる » 注文住宅を建てるときに知っておきたい基礎知識【宇治市編】

公開日:|最終更新日時:

注文住宅を建てるときに知っておきたい基礎知識【宇治市編】

注文住宅は、人生の中でも特に大きな買い物となります。また、自分の理想をうまく反映した注文住宅を建てるためには、さまざまな知識が必要です。ここでは、注文住宅を建てるときに知っておきたい基礎知識を4つピックアップして紹介していきましょう。

注文住宅の工法

注文住宅にさまざまな形態があるように、注文住宅を建てるための工法にもさまざまな種類があります。主要な工法としては、日本古来の工法である木造軸組工法、鉄骨を軸として建物の枠を作る軽量鉄骨造、鉄骨で組んだ軸にコンクリートを流し込む鉄骨コンクリート工法などがあります。工法が違えば、出来上がる建物の特徴も異なってきます。そのため、注文住宅を建てる前には、どんな工法が自分の求めている住まいの条件を満たせるかを確認しておくことをおすすめします。

注文住宅の工法とは
について詳しく

間取りの決め方

家の使い勝手や生活動線を決定づける大きな要因が間取りです。建物自体が広くても間取りに仕切りが多かったり部屋を細かく分けすぎていたりすると、結果的に建物の面積を有効に使えなかったり、生活動線がうまく機能しなかったりします。

また、間取りを決める際には、その時点での生活だけでなく、家族が増える、子供が成長するといった将来の見通しも含めて、後から簡単に変えられる自由度の高い間取りを設計しておくことが大切です。

理想的な注文住宅の間取りとは
について詳しく

注文住宅の土地探しのコツ

注文住宅を建てる際には、建物だけではなくその建物を建てるための土地も必要です。そのため、注文住宅を探すのと同時に土地探しもしなくてはいけません。土地を探す際には、どのエリアに住みたいかから始め、日当たりは良好か、周辺環境は快適に過ごせるかなどを調べておく必要があります。また、土地の状態によっては整備工事が必要になることもあるので、そのまま建物が建てられるかどうかも重要なチェックポイントとなります。

注文住宅の土地探しのコツとは?
について詳しく

自然素材の種類

快適な暮らしを実現するには、住まいを構成する素材も重要な要素となります。建材や素材に化学物質を多量に含んだものを多用している家では、そこで暮らしているうちに屋内に化学物質が放散され、それによってアレルギー反応などの健康被害が起こる「シックハウス症候群」が問題となっています。そうした問題を回避するために、近年では化学物質を含まない自然素材を用いた家づくりが推奨されています。一口に自然素材と言っても、ヒノキやスギなど、さまざまな樹種があるので、自分の好みの素材で家を建ててくれる注文住宅会社を見つけることが大切です。

自然素材の種類
について詳しく

失敗しない注文住宅の選び方

注文住宅には、いくつかの設計方法があります。代表的なものが、間取りや仕様を自由に決めることができる自由設計住宅と、間取りや仕様があらかじめ決められている規格住宅です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、こだわりの度合いや予算に合った方法を選ぶといいでしょう。

また、注文住宅を建てる際に迷うのが、設計や施工を依頼する住宅会社です。ハウスメーカーと工務店の違いについても解説しています。

注文住宅の選び方について詳しく

住みやすい二世帯住宅を建てたい

親世帯と子世帯が同じ屋根の下に住む二世帯住宅。一般的な住宅よりはコストは高めとなるものの、住宅二棟よりはコスパに優れます。一方、親世帯と子世帯の距離感をどうするのかが重要な要素となります。

大きく分けると「完全同居型」、「部分共用型」、「完全分離型」があり、それぞれどんなメリット・デメリットがあるかを把握した上で、どのタイプがよいのかを、親世帯と子世帯でじっくりと話し合い、お互い納得した上で決めるというプロセスが不可欠となります。

住みやすい二世帯住宅を建てたいについて詳しく

【注文住宅】狭い土地で家は建てられる?狭小住宅とは

建築や不動産の世界で明確な基準はありませんが、概ね15坪、50㎡以下の土地に建てるものが狭小住宅と考えられています。注文住宅は基本的にはオーダーメイド方式ですので、手掛ける業者の技量にもよりますが、基本的には、その土地ならではのプランを提案、施工してくれるはずです。

また狭小地ゆえに土地代や建物の建築コスト、固定資産税などを低く抑えることができ、その分を内装などに回すこともできます。

【注文住宅】狭い土地で家は建てられる?狭小住宅とはについて詳しく

注文住宅の種類

建売の分譲住宅とは違い、注文住宅は施主の要望や好み、こだわりを反映しながら造り上げていくことができるというのが大きな魅力となっています。ただし、ひと口に注文住宅と言っても、大別するとフルオーダー住宅とセミオーダー住宅があります。

フルオーダー住宅はデザイン、間取り、使用する建材など、家づくりのすべてを白紙の状態から決めていくことができる方式。対してセミオーダー住宅は、予め用意されているベースプランに、施主が好みや希望に応じてアレンジを加えていく方式となります。

注文住宅の種類について詳しく

注文住宅での断熱について

家の断熱性は、夏の暑さや冬の寒さが室内に影響するのを防ぎ、エアコンや暖房器具への依存度を下げ、ひいては光熱費を抑制するという重要な役割を持っています。また結露の発声を防ぎ、建物をより長持ちさせるという効果も見逃せません。

断熱材の種類としては、化学素材の「グラスウール」と自然素材の「セルロースファイバー」があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、理解を深めた上で、選択するのが賢明です。

注文住宅での断熱について詳しく

家づくりする時の流れ

注文住宅を建てるには、まず、どのような暮らしをしたいかをイメージしながら、間取りや外観のプランを膨らませていくことから始めます。その上で、資金計画や土地・会社選び、土地の敷地や地盤調査などを経て、土地を購入します。

その上で、家のプランニングや設計を行い、プランが固まったら建築請負契約を結びます。建築確認申請を自治体などに行った上で、建物の着工へと進みます。

家づくりする時の流れについて詳しく

住宅の耐震性

注文住宅には、いくつかの設計方法があります。代表的なものが、間取りや仕様を自由に決めることができる自由設計住宅と、間取りや仕様があらかじめ決められている規格住宅です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、こだわりの度合いや予算に合った方法を選ぶといいでしょう。

また、注文住宅を建てる際に迷うのが、設計や施工を依頼する住宅会社です。ハウスメーカーと工務店の違いについても解説しています。

住宅の耐震性について詳しく

思い通りの家を建てる
宇治市の注文住宅会社3選

Recommended
1000万円台から建てられる宇治市の
オススメ工務店

宇治市で、施工可能な工務店を25社調査した中で、自由設計で1000万円台から建てられる工務店を、安い順からピックアップしました。

O-HOME
付帯工事費コミコミなのに低価格
完全オーダーメイド住宅
O-HOMEの施工事例
引用元:O-HOME公式HP
https://www.o-home-kyoto.com/openhouse/吹抜のある広々ldk・床暖房で足元ぽかぽかシンプ
建物価格
1598万円~(約30坪)

※付帯工事費・諸経費込み

公式HPで施工事例を見る

クラッセ住宅販売
3D画像を用いて
イメージ通りの家を建てる
クラッセ住宅販売の施工事例
引用元:クラッセ住宅販売公式HP
https://atelier-classe.com/works/1121/
建物価格
1760万円~(約30坪)

※付帯工事費・諸経費は要問合せ

公式HPで施工事例を見る

穂高住販
自然素材を使った
体に優しい健康住宅
穂高住販の施工事例
引用元:穂高住販公式HP
https://h-diy-home.com/gallerys/gallery-2756/
建物価格
1800万円~(約30坪)

※付帯工事費・諸経費は要問合せ

公式HPで施工事例を見る

※価格は公式HPの施工価格から算出した参考価格(税別)。条件や保証内容などにより、価格は変動する可能性がありますので、詳細は各ハウスメーカー、工務店にお問合せください。