公開日: |最終更新日時:

家づくりする時の流れ

まずはどのような暮らしをしたいかイメージから

家づくりを行う際には、新しい家でどんな生活をしたいのかを具体的にイメージしていきましょう。ネットで検索したり雑誌を読んだりして情報を集めながら少しずつ細かな条件も決めていきましょう。子育てや生活がしやすい閑静な住宅街、通勤や通学・買い物に便利な市街地などのエリアから考えてみたり、どんな間取り・外観にしたいのかといったデザインや設計の面でもイメージを膨らませてみたりしていきましょう。

この時に譲れない条件や予算・駅からの距離なども考えておくと土地や会社選びの際にもスムーズに進められます。

資金計画

家づくりにおいて重要なのが資金計画です。資金計画を立てる際には現在の貯蓄額を確認したうえで自己資金に用意できる額と毎月安定して返済できる額を考えて土地と建物の代金に関する予算を決めていきましょう。土地代は住みたいエリアの土地相場を調べれば、目安にすることができます。

建物代に関して、多くは建築費が占めますが、それ以外にも電気・ガス・外構工事や付帯工事・調査・検査機関などへの申請・家具・引っ越しなどに関する費用も含まれるので注意しましょう。これらの費用は引き渡しまでに支払う必要があることが多いので、事前にお金を準備しておく必要があります。ローンの利用を検討している場合はスケジュールも注意しておきましょう。

土地・会社選び

ネットで会社や土地について調べたり、不動産会社に依頼して土地を探してみましょう。土地探しと会社選びを同時に進めると土地の特徴を活かした家づくりをしやすくなります。

ハウスメーカーによっては、土地を探しから対応してくれます。

迷った場合には、土地や会社選びについてアドバイスを行ってくれる相談カウンターに行ってみるのもよさそうです。

土地探しのコツは

土地探しにおいては、スムーズに進めるためにも土地探しの期限を決めることが大切です。期限を決めていないといつまでも土地探しが終わらないこともあります。

また土地の希望条件については、イメージしている家がその土地に建てられるかを考えながら希望条件に優先順位を決めておきましょう。優先順位に従って土地の条件を妥協するかどうかを決めていけるので土地探しがよりスムーズになります。古い建物が立っている小屋付きの場合には別途解体が必要になったり再建築不可になっていたりする場合もあるので購入前に確認しましょう。

建築条件付きの土地は、基本的に土地売主が指定する建築会社と一定期間内に建築工事請負契約をする必要があるので注意しましょう。

会社を選ぶ際のポイントは

会社選びの場合には、業態の特徴や情報収集をしたうえで候補の会社の住宅展示場や実際の施工物件を見学して、会社がどんな家を建てているか・自分の建てたい家を建ててくれそうかをイメージして見ながら検討することが重要です。

また、土地を購入・探している場合には契約前に担当者に土地を見てもらってイメージしている家が建てられそうか相談してみるとスムーズに進めやすくなります。

敷地調査と地盤調査

家を建てるための土地が見つかったら、次は敷地調査と地盤調査を行って希望通りのマイホームがその土地に建てられるかどうかを調べます。敷地調査では、敷地面積や形状、高低差、道路または隣接家屋の状況、電気・ガス・水道の配管の有無、法規制などをチェックします。地盤調査では、希望する家を建てるのに十分な土地の強度があるかをチェックします。土地の強度が足りない場合は、地盤改良工事を追加で行う必要があります。いずれの調査も、施工するハウスメーカーで無料または有料で引き受けてもらうことができますので、土地が見つかったら相談してみると良いでしょう。

土地購入&売買契約

土地を購入する前に、不動産会社より重要事項の説明が行われます。購入する物件と契約の条件に関する大切な内容となりますので、契約締結前にしっかりと確認しておきましょう。重要事項の内容に不備がなければ、つぎは売買契約へと進みます。一般的には土地購入費用の10%を手付金として契約時に支払いますが、契約内容によっては金額が変わることがあります。また、自己都合で契約後に取り消しする場合は、手付金は返金されないことが多いので注意しましょう。この他にも、仲介手数料や契約印紙代といった諸費用がかかることがあります。

家のプランニング・設計

ご自身たちの建てたい家のイメージを元に、プランニングや設計を行っていきます。「夏は涼しく冬は暖かく過ごしたい」、「明るく開放的なリビングにしたい」、「広々としたキッチンが欲しい」など希望がある場合は、ノートなどに書き出して優先順位をあらかじめ決めておくと良いでしょう。他にも家族構成や年齢、家族のライフスタイルなど事前に設計士へ伝えておくことで、将来を見据えた家のプランニングや設計を行うことができます。

建築請負契約を結ぶ

家のプランニングや設計が決まったら、次はマイホームを建設するための建築請負契約を結びます。契約時には、工事内容や請負代金の額、支払方法、工事開始と完了の時期、建物引き渡しの時期などが記載されている「工事請負契約書」の他、「工事請負契約締結書」「見積書」「設計図書」の4つの書類が渡されます。いずれの書類も記載事項が多く契約時にすべてに目を通すのは難しいため、事前に書類の写しなどをもらい、不明点などを確認しておくことが望ましいでしょう。

建築確認申請

工事を開始する前に建築確認申請を行って、事前に承認を得なければなりません。建築確認申請とは、これから建てようとしている建物が建築基準法などに適合しているかどうかを、各自治体や指定を受けている民間の確認検査機関に確認してもらう手続きのことです。申請者は建築主となりますが、専門的な知識が必要となるため施工会社側で代行することが一般的です。承認がおりると建築確認済証の交付がされますので、ここでようやく着工に進むことができます。

思い通りの家を建てる
宇治市の注文住宅会社3選

Recommended
1000万円台から建てられる宇治市の
オススメ工務店

宇治市で、施工可能な工務店を25社調査した中で、自由設計で1000万円台から建てられる工務店を、安い順からピックアップしました。

O-HOME
付帯工事費コミコミなのに低価格
完全オーダーメイド住宅
O-HOMEの施工事例
引用元:O-HOME公式HP
https://www.o-home-kyoto.com/openhouse/吹抜のある広々ldk・床暖房で足元ぽかぽかシンプ
建物価格
1598万円~(約30坪)

※付帯工事費・諸経費込み

公式HPで施工事例を見る

クラッセ住宅販売
3D画像を用いて
イメージ通りの家を建てる
クラッセ住宅販売の施工事例
引用元:クラッセ住宅販売公式HP
https://atelier-classe.com/works/1121/
建物価格
1760万円~(約30坪)

※付帯工事費・諸経費は要問合せ

公式HPで施工事例を見る

穂高住販
自然素材を使った
体に優しい健康住宅
穂高住販の施工事例
引用元:穂高住販公式HP
https://h-diy-home.com/gallerys/gallery-2756/
建物価格
1800万円~(約30坪)

※付帯工事費・諸経費は要問合せ

公式HPで施工事例を見る

※価格は公式HPの施工価格から算出した参考価格(税別)。条件や保証内容などにより、価格は変動する可能性がありますので、詳細は各ハウスメーカー、工務店にお問合せください。